重要な文書保管サービスについて

今まで会社で扱う書類、個人情報に関してはシュレッダーにかけて処理をしていました。

色々な文書がある中でもやはり社外秘の情報やクライアント側の情報等には最新の注意を払う必要があります。

一会社員としては大したことがないように感じますが、その書類一つで会社が傾きかねない事態になるというのが現実です。

やはり近年の情報流出に対する厳戒体制の流れもありまして、シュレッダーではいささか不安であるということになりました。

そこで社内で様々な検討をし、いい機会だったため文書保管サービスを利用することになりました。

社内の保管すべきファイルも安全に保管してくれるそうです。

それプラス、書類融解処理サービスなるものもありました。

シュレッダーは最悪繋ぎあわせて書類を復元することも可能ですが、このサービスであれば復元される心配もなく流出するおそれも限りなくゼロに近いと考えられます。

また副産物として、文書保管サービスの良さ!今まで何故利用していなかったのかというくらいに社内の書類が片付きました。

分かる方は分かって下さると思いますが、重要であるが不要な書類というものが大量にあるものなんですね。

文書保管と書類融解サービス、どちらも有用で現代では必須のサービスのように思います。