重要な文書保管サービスについて

そこそこ大きなIT関係の総務部に勤務していた時の話なのですが、会社で大規模な個人情報流出がありました。

それはある社員がPCを業務以外に使用したことからウイルスに感染し、個人情報が流出するといった典型的なものでした。

その時に顧客からの対応に追われ、信頼を大きく失ってしまったのででした。

そこでやっと我々の個人情報に対しての考えが甘く、根本から見なおさねばならない事に気づきました。

PC関係の使用規制や監視などはもちろん、その中の一つに文書保管サービスの利用もありました。

デジタルデータだけこういった対策をするだけでも多大な効果は当然あるのですが、アナログなデータにも守らねばならない書類、情報が山のようにあるのです。

そこで多少のコストはかかるけれども顧客の信用には代えがたいものがある、ということで文書保管の会社と契約することになったのです。

それからは、個人情報やデータの流出には最新の注意を払っているという自負もあり、顧客からの信頼も回復するに至りました。

情報が一番大事だといっても過言ではない時代、守る側の意識に一片の甘さも入ってはいけないなと考えさせられた一件でした。